エラの解消方法

毎日の生活習慣とマッサージ

美容外科に通ってエラボトックスを行うのも良いですが、まずは手軽に自分でも出来る解消方法を試してみてはいかがでしょうか。
自宅にあるものや簡単なマッサージなどでエラが解消できるなら嬉しいことだと思います。
今回紹介するのは原因が骨格ではなく、筋肉や老廃物といったものであるエラの解消方法です。
まずは毎日の生活習慣を見直してみてください。

骨格の歪みから見てみると、頬杖をついてテレビを見ていたりすることありませんか。
頬杖をずっとつくことで顎の骨がずれやすくなりますので要注意です。

食べ物を食べているときに片側で噛んでいませんか。
満遍なく両方で噛んで食べなければ片側の筋肉ばかりが発達してしまうのでエラが出る原因にもなります。

ストレスを抱えていませんか。
ストレスが溜まると自然と歯を噛み締めてしまいます。
歯軋りなども起こりやすくなるので、エラが鍛えられてしまいエラが出てくる原因にもつながります。

少しでも当てはまるようでしたらエラが収まるようにマッサージを施す方が良いです。
一日たった1分で行える方法から、毎晩寝るときに出来るタオル枕という解消法もありますので、自分に合った方法を行ってみるのが良いでしょう。

髪型ひとつでエラが解消できる

その場凌ぎではないですが、エラを目立たなくする解消法もあります。
その1つとして髪型があります。
短い人でもアレンジ次第でエラを隠すことができます。

一番重要だと言われているのが額の部分です。
ここは前髪をそろえて見えなくするよりも半分よりも少な目の広さで額を出す方が良いです。
前髪があると無いとでは印象がグッと変わってきますので、前髪を揃えている人は是非一度分けてみてください。
前髪が足りない、前髪だけはいじりたくないという人は両サイドの髪の毛で試してみる価値はあります。
ちょうど両サイドの目尻に近い部分を隠すように垂らしてみてください。

サイドの髪を全部垂らすのではなく、自然な量を見つけて垂らすのがポイントです。
普段の髪型もぺたっとした髪よりもふわりと動きがある方が華やかさが出て好印象です。

これだけのことを把握していても、いざ美容室で髪の毛をカットしてもらおうとするとどう説明して良いか悩むことがありますが、そういう時は正直に「エラが隠れるようにしてください」と美容師の方に詳しく伝えてみてください。
美容師さんはプロですので、そう伝えれば貴方に合った髪型を提案してくれます。