エラの悩み紹介

印象がエラで強く変わる

エラが張っている、出ているといった悩みを持つ方。
女性に限らず男性にも同じような悩みがあります。
では、エラが張っているとどういった悩みを持っているのでしょうか。

自分の顔にコンプレックスを抱きます。
他人から見れば気にもしない程度かもしれませんが、エラが張っていると自覚した人からすれば毎日見るものなので段々と鏡を見るのも嫌になってきます。
最初はなんとなく気になるものというレベルかもしれませんが、ちょっとでも意識してしまえばもうエラが無くなるまで気になってしまいます。

人の第一印象は「顔」で決まるという風に、初めて見た人の印象は8割は顔です。
その一瞬にどんな印象かを決められてしまうので、暗い雰囲気を醸し出していたら「暗い人」などと悪いイメージがついてしまいます。
実際にエラが張って目立っていることで悩んでいる人も、初めて会った人に「顔が大きい」という印象を持たれたことがあるそうで、その際に美容整形をしようと決めたと明るい方向への踏ん切りをつけていました。

エラが張っていると、初めて出会う人だけではなく友人にさえ会いたくなくて外出も億劫になってしまいます。
それだけエラに対しての悩みは深いのだと知ってください。

片方だけエラが張っていたら

エラが張っていると聞くとどのような状態を想像しますか。
顔の両方の頬辺りが出ている、といった考えが多いことでしょう。
確かにそういった人の方が多いのは事実なのですが、中には片方だけエラ張りが気になるという人もいます。

片方だけ、というのは特に珍しいケースでもなく、生活習慣が原因の場合が多いです。
骨が片方だけ出ているというのは珍しいケースですが大半は遺伝だったりしますので、突然片方だけエラ張りが気になったということであればほぼ生活習慣が関係してきます。

片方だけエラが張ってしまうとどのような悩みを抱えるのか。
一番多いのは「アンバランス」であること。
両方ともが張っていればそこまで気にもならなかったことが、片方だけということで余計にエラが張っているようにも見えます。

実際、幼い時に片方だけのエラ張りに気づいた子どもに「虫歯」という風に誤解され、囃し立てられたという体験をしたことがある人もいます。
そうです、エラが張っているということは簡単なことではなく、幼ければ幼いほど心の傷を負いやすいものなのです。

見た目にとても影響を与える上に誤魔化すにも限界があるエラに悩んでいる人は世の中にたくさんいます。
色んな悩みを抱えている人がたくさんいるということを知ってもらえれば幸いです。